当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

伯桜鵬(落合哲也/宮城野)の家族(父・母・兄弟)や出身中学高校

スポンサーリンク

伯桜鵬関の写真

引用元:NEWSポストセブン

2023年1月の初土俵から、所要3場所での新入幕を決定的にした落合(おちあい)関

これまでは本名の『落合(哲也)』をしこ名にしていましたが、5月場所終了後に『伯桜鵬(はくおうほう)』への改名が決まりました。

今回は、令和の怪物と呼ばれる伯桜鵬関の

・家族(父・母・兄弟)
・wikiプロフィール
・出身中学/高校と相撲の成績

について調査しました。

スポンサーリンク

伯桜鵬(落合哲也/宮城野)の家族

伯桜鵬関の家族は、父・母・兄2人5人家族と思われます。

ただ、伯桜鵬関が幼少時におじいちゃん・おばあちゃんとよく一緒にテレビを見たと発言されていたので、祖父・祖母も同居されているかもしれません。

伯桜鵬(落合哲也/宮城野)の父

伯桜鵬関のお父さんの名前は、勝也(かつや)さん

引用元:BSS山陰放送ラッテチャンネル

地元・倉吉駅の近くにある有限会社野田組の社長をされています。

事業内容は、金属加工業

社員数は45人となっていました(出典:GOAUTO求人)

ストリートビューを見ると、神鋼機器工業(株)の工場敷地内に野田組があるようです。

伯桜鵬関に相撲を勧めたのは父・勝也さんとのことで、宮城野部屋への入門時には熱い言葉で息子を激励していました。

↓勝也さんの登場シーンから再生されます↓

息子を愛している様子がすごくわかりますね!

そして、さすが伯桜鵬関のお父さん、体も声も大きい(笑)

伯桜鵬(落合哲也/宮城野)の母

伯桜鵬関のお母さんの名前は、和美(かずみ)さん

引用元:BSS山陰放送ラッテチャンネル

倉吉幼稚園の副園長で、指導保育教諭をされています。

<指導保育教諭とは>
 園児の教育及び保育をつかさどり、保育教諭その他の職員に対して、教育及び保育の改善及 び充実のために必要な指導及び助言を行う者 (出典:e-Stat)

文字通り、保育教諭たちをまとめる(指導する)立場になります。

地元の短大に呼ばれ、就職活動中の学生を相手にキャリアの築き方の講演をされるなど、鳥取の幼児教育に積極的にかかわっているようです。

和美さんの発言は少ないものの、出生時体重が3850グラムだった伯桜鵬関のお産が「2人の兄の時よりも大変だった」とコメントされていました。

伯桜鵬(落合哲也)の兄

伯桜鵬関の2人のお兄さんの、長兄が智也さんで、父・勝也さんのもと有限会社野田組で働いているようです。

2022年の実業団相撲選手権の際、伯桜鵬関の個人戦出場条件として、団体戦への出場が必須だったところ、相撲未経験の智也さんがメンバーに入ってくれたとのことです。

智也さんの取組動画があったので紹介します。

父や弟のように大きくありませんが、弟思いの優しい性格をされているようですね。

伯桜鵬関も兄に対する感謝の言葉を述べていました。

次兄のお名前は、俊也さん

調べてみたところ、鳥取県立八頭高校で柔道をされていた可能性が高いです。

2019年の中国高校柔道大会鳥取県予選の結果を見ると、100kg級で県2位の成績。

引用元:鳥取県立八頭高校

2019年で高校3年ということは、現在22~23歳ということになります。

年齢的にも伯桜鵬関の兄でもおかしくありません。

伯桜鵬(落合哲也/宮城野)のプロフィール

本名落合 哲也(おちあい てつや)
しこ名伯桜鵬(はくおうほう)
所属宮城野部屋
番付十両8枚目
(2023年夏場所)
誕生日2003年8月22日
年齢19歳(2023年6月現在)
血液型O型
出身地鳥取県 倉吉市
身長181cm
体重162km
小学校倉吉市立成徳小学校
中学校鳥取市立西中学校
高校鳥取城北高校

伯桜鵬(落合哲也/宮城野)の経歴と出身中学/高校

伯桜鵬関は、成徳小学校4年生の時に、地元の相撲大会「櫻杯争奪相撲選手権大会(桜ずもう)」優勝すると、父・勝也さんの強い勧めもあり、本格的に相撲に取り組み始めます。

当初はサッカーのほうが好きだったという伯桜鵬関ですが、だんだんと相撲の魅力にはまっていき、因幡相撲道場に通い始めると才能が開花。

白鵬杯で先鋒で出場して団体優勝に貢献すると、5年生時の親善少年金沢大会では団体戦優勝個人戦(5年生の部)で準優勝するなど、すぐに全国規模の大会でも結果を残します。

なお、桜ずもうは4~6年のあいだ3連覇を成し遂げています。

伯桜鵬(落合哲也/宮城野)の出身中学校

倉吉市在住の伯桜鵬関でしたが、相撲をするために鳥取市立西中学校へ進学。

西中学校は全国優勝実績もある相撲の強豪で、鳥取城北高校とは目と鼻の先。

鳥取城北の道場で定期的に稽古をつけてもらうなど、強くなれる環境が揃っています。

宮城野部屋の北青鵬関間垣親方(元・石浦)同校OBです。

伯桜鵬関は、中学3年時に全国都道府県選手権の団体戦で優勝

また、白鵬杯の個人戦でも優勝を果たしました。

伯桜鵬(落合哲也/宮城野)の出身高校

西中卒業後は当然(?)鳥取城北高校へ進学。

伯桜鵬関は、高校時代から寮生活をしていたようです。

主な成績を紹介すると、2年時は、コロナ禍で中止となったインターハイの代替大会・元日相撲と全国選抜大会個人戦で優勝

3年時は、インターハイ(全国高等学校相撲選手権大会)の個人と団体両方で優勝という快挙を成し遂げました。

また3年時には、全日本相撲選手権に出場。

社会人・大学生のなかでベスト8まで勝ち残り、三段目90枚目格付け出し資格を得ました。

高校卒業~大相撲

三段目最下位格付け出し資格を得たことで、卒業とともに角界入りを期待された伯桜鵬関でしたが、怪我がちだった身体の治療のために回避します。

特に肩の脱臼グセがひどかったため、この間はリハビリ筋力強化に励んだそうです。

その結果、スピードを維持したまま、体重は高校3年時から5kg増に成功。

9月の全日本実業団相撲選手権大会の個人で優勝して、完全復活を果たしました。

この結果、幕下15枚目格付出し資格を得て、12月に晴れて宮城野部屋に入門

2023年に入ってデビューすると、

初(一月)場所 幕下付出15枚目 7勝0敗 優勝 
    ⇒史上最速1場所で十両昇進!
春(三月)場所 西十両14枚目 10勝5敗
夏(五月)場所 西十両8枚目   14勝1敗 ※優勝決定戦で敗退

と、素晴らしい成績を残します。

とんとん拍子に出世し、昭和以降最速となる所要3場所での新入幕を決定的にしました。

また、このタイミングで、しこ名を落合から伯桜鵬に改名

名古屋場所(7月)は、前頭17枚目の伯桜鵬として土俵に上がります。

7/23追記:
伯桜鵬が名古屋場所で『敢闘賞』『技能賞』をW受賞しました!

伯桜鵬(落合哲也/宮城野)の言動が面白い

最後に、伯桜鵬関の身体能力の高さを紹介している番組を貼っておきます。

50m6秒7にビックリなのは当然ですが、走った後のインタビューが面白過ぎました。

かなり、ひょうきんな性格だとわかりますね。

取組のときの殺気立った雰囲気とは真逆なのがギャップ萌え♪

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

一気にスターダムにのし上がった伯桜鵬関ですが、髪はまだ短髪のまま。

髷を結えるようになるまで1年ほど掛かるそうですが、立派な大銀杏を披露する前に、どこまで番付を上げてくれるか楽しみです。