当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

魚谷侑未&東城りおのフェニックス退団理由は?新加入のプロ2人も予想!

スポンサーリンク

Mリーグ・セガサミーフェニックス所属の魚谷侑未(うおたにゆうみ)プロと東城りお(とうじょうりお)プロの契約満了(退団)が発表されました。

魚谷&東城両プロの退団理由と、フェニックス新加入のプロ2人が誰になるか予想してみます。

スポンサーリンク

魚谷侑未&東城りおのフェニックス退団理由は?

セガサミーフェニックスの看板選手・魚谷侑未プロと東条りおプロの契約満了発表は世間をだいぶざわつかせています。

↓東条りおプロ(左)と魚谷侑未プロ(右)↓

魚谷侑未プロと東条りおプロの写真

引用元:X

なぜそんなに騒がれるのか。

一番の理由は、フェニックスが次の2024-25シーズンに向けて、メンバー構成は変わらないと予想されていたから

そもそもMリーグには、選手を入れ替えるための規定があります。

閉幕時に、2シーズン連続で同一の選手構成且つセミファイナルシリーズ進出できなかった場合、
翌シーズン最低1名の選手を入れ替え、チーム編成を変更すること
・自由契約になった選手は、所属していたチームと次のシーズンに再契約することは不可とする
出典:Mリーグ

ルールによって、絶対に1人は入れ替えなくてはならない状況が来るのですが、今回はこれに当てはまるわけではありません。

スポンサーリンク

フェニックスの選手入れ替えは予想されていなかった

セガサミーフェニックスの最近のメンバー入れ替えについては、2023-24シーズン開幕前に、近藤誠一プロが監督になり、醍醐大プロが新加入しています。

結局2023シーズン、チームはセミファイナルシリーズに進出できませんでしたが、上記体制変更のおかげで、2024-25シーズン前の選手入れ替えは必要ありませんでした。

魚谷侑未プロは、デビュー後たった3年で「女流桜花」のタイトルを獲得するなど高い実力を持ち、2018年Mリーグ発足時のドラフト会議では、セガサミーフェニックスから1位指名を受けて入団、その後6年に渡って活躍を続けてきました。

一方、東条りおプロは、2021年のドラフトで指名されてフェニックスに入団。

当初は『美しすぎる女流雀士』と呼ばれ、ビジュアル先行のイメージが強かったものの、年々実力をつけて、これから更なる活躍が期待されているタイミングでした。

というように、まだまだ期待十分の魚谷&東城両プロが、なぜ突然放出されてしまったのか。

理由が、ものすごく気になったので調査してみました。

スポンサーリンク

退団理由①結果が出ていなかった

ひとつめの退団理由はシンプルで、魚谷侑未プロ・東条りおプロともに、競技での成績が悪く結果が出ていなかったため、フェニックスから放出されたというもの。

2人の過去3年間のレギュラーシーズン成績を見てみると、

 シーズンポイント半荘数平均着順個人順位
魚谷侑未

2023▲13.4262.4417位/36人
2022▲355.2242.8732位/32人
2021▲128.7262.6921位/32人
東城りお


2023▲231.6212.6934位/36人
2022163242.379位/32人
202155.9162.5015位/32人

チーム自体の成績は、2021年シーズンにファイナル進出(最終的に2位)したのを最後に、セミファイナルにすら進出できていません。

そう考えると、『成績でチームに貢献できていないから』という当たり前の理由で、放出した可能性はありそうです。

ただ、ファンの多くは『大人の事情がある』と考えているようです。

スポンサーリンク

退団理由②大人の事情のため

これは、セガサミーが運営するネットワーク対戦麻雀ゲームセガNET麻雀MJが、魚谷&東城プロの放出に関わっているのではないかという説。

まず、大前提として『プロ雀士』というのは、下記5団体のいずれかに所属している者のことを指します。

①日本プロ麻雀連盟
②最高位戦日本プロ麻雀協会
③日本プロ麻雀協会
④RMU
⑤麻雀将合μ

もちろん、Mリーグへの出場もこの5団体のどこかに所属していればOK

魚谷侑未プロ・東城りおプロいずれも所属は、『日本プロ麻雀連盟』ですが、セガの麻雀ゲーム『MJ』には、同連盟所属のプロは1人も登場しません

逆に言うと、同連盟以外の4団体のプロは登場しています

MJから締め出されているのはなぜか。

理由は、日本プロ麻雀連盟の所属プロは、他の麻雀ゲーム(コナミの『麻雀格闘俱楽部SP』)に登場するためと思われます。

こちらは日本プロ麻雀連盟公認ゲームのため、他団体のプロは登場しません

コナミ麻雀格闘倶楽部のロゴ

引用元:X

ただ、これまで魚谷プロは6年、東城プロは3年の間、セガサミーに所属してきて何の問題(しがらみ)もなかったので、この件だけを放出の理由とするのはちょっと弱すぎますが、調べていくと納得の理由が見つかりました。

それは、最近(2024年6月)

セガ『MJ』が、最高位戦日本プロ麻雀協会のスポンサーになった
というもの。

どうやら、今回の退団劇が思ったよりも騒ぎになってしまっているのは、このスポンサーの件が大きく関係しているようです。

もちろん、フェニックスに残留した2人茅森早香(かやもりさやか)プロ醍醐大(だいごひろし)プロの所属団体は『最高位戦日本プロ麻雀協会』

こうなると、いよいよ”大人の事情”というのが、魚谷プロ&東城プロ放出の理由(本命)に見えてきました^^;

では、近いうちに開催されるドラフトで指名されそうな、フェニックスの新メンバー2人はいったい誰になるのでしょうか。

”大人の事情”に沿った形で考えてみます。

スポンサーリンク

フェニックス新加入のプロ2人を予想!

魚谷侑未プロ・東条りおプロに代わる、セガサミーフェニックスの新メンバーについて、ネット上では以下の2つのパターンが予想されていました。

①男性プロ2人(新体制)
②女流プロ2人(今まで通り)

もちろん、最高位戦日本プロ麻雀協会所属が前提です。

スポンサーリンク

パターン①男性プロ2人(新体制)

これまでの6年間、セガサミーフェニックスには男性プロが常に1人の体制でしたが、新しいチームでは男性3人にするというパターン。

予想で挙がったプロで一番多かったのが、

竹内元太(たけうちげんた)プロ

竹内元太プロの画像

引用元:X

プロ入り12年目

2022年の47期最高位決定戦では初出場初優勝を果たし、2期連続で最高位のタイトルを獲得しています。

身長はなんと192cmとのこと!

他の男性プロ雀士で挙がった名前は

新井啓文 (あらいけいぶん)プロ 44歳 24年目
三浦智博 (みうらともひろ)プロ 37歳 13年目
河野直也 (こうの なおや)プロ 36歳 16年目
石橋伸洋 (いしばし のぶひろ)プロ 43歳 22年目

といった面々です。

中でも石橋プロは、2018年から2022年シーズンまでMリーグ・U-NEXT Piratesに所属していたので経験は豊富です。

スポンサーリンク

パターン②女流プロ2人(今まで通り)

これまでのように、女流プロ3人+男性プロ1人で戦っていくパターンも考えられます。

話題性とか抜きで、単純に実力のある女流プロの名前が何人か挙がっています。

相川まりえ(あいかわまりえ)プロ 29歳 女流最高位(2023年)
西嶋千春(にしじまちはる)プロ ?歳 女流最高位(2017年他 計4期)

小宮悠(こみやはるか)プロ 37歳 女流名人位(2020年)
丸山奏子(まるやまかなこ)プロ 30歳
この中では、丸山プロが2019年シーズンから4期にわたってMリーグ・赤坂ドリブンズに所属していました。
ただ、指名されるのが女流プロの場合は、どうしても魚谷プロと比較されるので、最初から大変そうな気もしますね(-_-;)

他に考えられるパターンとしては、

残り2人を最高位戦以外の3団体(日本プロ麻雀協会・RMU・麻雀将合μ)の中から指名する

という予想もありました。

いずれにしても、例年だと6月末にはドラフトが行われているので、今年(2024年)も同様と考えられます。

ネットにも多くの意見があった通り、このドラフトで誰が(どこの団体が)指名されるかによって、”大人の事情”の証明にもなりそうですね!

スポンサーリンク

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます(^^)

<魚谷侑未&東条りお退団理由とドラフトまとめ>
考えられる退団理由①
 競技での成績が悪く結果が出ていなかった
●考えられる退団理由②

 大人の事情のため
 ⇒セガ『MJ』が最高位戦日本プロ麻雀協会のスポンサーになった
 ⇒魚谷&東城プロは、日本プロ麻雀連盟に所属
●フェニックス新加入のプロは誰?
 ⇒最高位戦日本プロ麻雀協会所属が大前提
 ⇒フェニックスはこれまで女3人+男1人体制
 ①男性プロ2人のパターンで予想される名前
  竹内元太・新井啓文・三浦智博・河野直也・石橋伸洋
 ②女流プロ2人のパターンで予想される名前
  相川まりえ・西嶋千春・小宮悠・丸山奏子

↓Mリーグの人気者・岡田紗佳プロについてもまとめてあります↓