当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

チェイス・アンリの国籍や高校は?凄すぎるサッカー経歴3選!

スポンサーリンク
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Anrie Chase(@anrieschase)がシェアした投稿

チェイス・アンリ選手は、まだ18歳ながらU-21日本代表のセンターバックとして活躍しています。

驚くべき才能を持ったチェイス・アンリ選手の国籍や高校、サッカー経歴などについて調査しました。

スポンサーリンク

チェイス・アンリの国籍は?

チェイス・アンリ選手の国籍は現在は日本です。

チェイス・アンリ選手は日本生まれながら、父親はアメリカ人、母親が日本人のハーフ

U-21日本代表入りもして日本国籍を持っているのは間違いないのですが、同時にアメリカの国籍も選べる立場にある(二重国籍)のではという声もあります。

本当に二重国籍だった場合、22歳の誕生日までにどちらか選択しなくてはならないので、ネットの声にもある通り、日本を選んでくれることを祈るしかなさそうです。

チェイス・アンリの家族と生まれや育ちは?

チェイス・アンリ選手の家族は、父親・アメリカ人のレジナルドさん(元軍人)母親・日本人の恵美さん兄弟は姉、兄、弟がいるとのことなので、6人家族ということになります。

チェイス・アンリ選手は、2004年に米軍基地のある神奈川県横須賀市で産まれ、3歳の時に父親の仕事の関係でアメリカテキサス州に移住

その後9年間をアメリカで過ごしたそうです。

中学1年生の夏に日本に帰国して以降は日本に住んでいましたが、2022年4月にブンデスリーガ・シュツットガルトへの入団が決まり、ドイツへ移住しました。

チェイス・アンリの高校は?

チェイス・アンリ選手は、尚志高校(福島県)を2022年3月に卒業しています。

尚志高校では、1年生と3年生のときに全国高校選手権に出場

2年生のときにレギュラーに定着したようです。

3年のときの福島県大会決勝戦、チェイス・アンリ選手が決めた決勝ゴールのシーンがありました。

選手権では2回戦で敗退したにもかかわらず大会優秀選手を受賞

すでに高校ナンバーワンDFと言われる存在になっていました。

次はチェイス・アンリ選手の驚くべきサッカーの経歴を紹介します。

チェイス・アンリのサッカー経歴

チェイス・アンリ選手が競技として真剣にサッカーを始めたのは、なんと日本帰国後の中学1年夏

18歳の現在まで、たったの6年間しか経っていないのです。

その6年間も驚くことばかりだったのでエピソードを3つ紹介します。

①始めて2年で中体連選抜

チェイス・アンリ選手が帰国後すぐに入部したのは、横須賀市立長沢中学校のサッカー部でした。

当初は日本語も話せないうえに、素人の自分以外の全員がものすごく上手く見えたそうです。

ちなみに最初のポジションはFWで、2年生のときに現在と同じDFへ転向しています。

持ち前の才能と努力で通常の練習とは別に自主練もこなし、日本語もサッカーもメキメキと上達

3年で部活を引退した後はFC湘南のジュニアユースでプレーして、中体連のクラブ選抜に選ばれました。
⇒(神奈川県サッカー協会 2018年中体連選抜)

この中体連選抜の試合がきっかけで、尚志高校から声が掛かったそうです。

神奈川県内の高校からの誘いもあったようですが「早く親から離れて自立したかった」という思いもあって福島県の尚志高校への進学を決断したとのことです。

②高校ナンバーワンDF&日本代表飛び級

チェイス・アンリ選手は尚志高校へ入学後すぐに公式戦へ出場しています。

尚志高校の小室雅弘コーチは、入学当初からチェイス・アンリ選手を「日本代表にする」と意気込んでいたそうですが、本人はそんな周りの想いをはるかに超える勢いで成長していったようです。

小室コーチはその資質を「『ハイハイ』言うだけじゃなくて、分からないことがあればすぐ聞きに来る。素直に話を聞いてくる。でも別に言いなりになるのではなく、自分で試して良いと思ったものを採り入れていくことができる子なんだ」と語っている。

引用元:FRIDAY DIGITAL

きっとMLBの大谷翔平選手のように地頭がいいのでしょうね♪

2年生のときにU-17日本代表に召集

国際親善大会決勝の東ティモール戦では1得点を挙げています。

そして3年生になると、なんとU-20日本代表候補のトレーニングキャンプに飛び級で参加しただけでなく、U-22日本代表に2世代の飛び級で招集を受けることに。

U-23アジア杯予選のカンボジア戦で先発出場を果たしました。

2022年1月にはA代表の合宿にも参加

その後3月にU-21日本代表へ招集され、ドバイ杯の優勝に貢献したことは記憶に新しいかと思います。

③高校から即海外クラブへ

チェイス・アンリ選手は、高校卒業後の2022年4月にドイツのVfBシュツットガルトと3年契約を果たしました。

もともと海外志向が強かったらしく、高校3年の夏には入団した「VfBシュツットガルト(ドイツ)」のほかにも「AZアルクマール(オランダ)」の練習にも参加していて、Jリーグチームからの誘いは2月の時点ですべて断っていたそうです。

ちなみにシュツットガルトのトップチームには、今シーズンキャプテンを務めている遠藤航選手(MF)、伊藤洋輝選手(DF)の2人が、セカンドチームには岡田玲選手(DF)が在籍中。

尚志高校の仲村浩二監督いわく、チェイス・アンリ選手は代表に呼ばれて合宿へいくたびに上手くなって帰ってきていたそうなので、海外でつけた力を日本代表で発揮してくれる日は遠くなさそうです!

チェイス・アンリのプロフィール

名前チェイス・アンリ
誕生日2004年3月24日
年齢18歳(2022年10月現在)
出身地神奈川県 横須賀市
身長187cm
体重80kg
高校尚志高校(福島県)
ポジションDF(CBセンターバック)
所属チームVfBシュツットガルト(ドイツ)
利き足
受賞歴2021年 全国高等学校サッカー選手権大会・優秀選手
代表歴2020年 U-17日本代表 日本ASEAN 青年交流大会
2021年 U-22日本代表 AFC U-23アジア杯予選
2022年 U-21日本代表 ドバイ杯
           AFC U23アジア杯

最後に、チェイス・アンリ選手が高校時代、圧倒的な身体の強さを示したシーンを貼っておきます。

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます(^^)

とにかくものすごいスピードで成長・出世をしていくチェイス・アンリ選手。

この先が楽しみでたまらない存在です!