当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

西田有里(草津東)の出身中学は?wiki経歴や陸上記録についても

スポンサーリンク

引用元:Lakestars Magazine WEB

西田有里(ニシダユリ)選手は、陸上の800mをメインとしている中距離ランナー。

現在、草津東高校(滋賀県)の2年生ですが、国体で2022年度の高校生最高記録である(2023年1月時点)『2分5秒93』を叩きだしました。

今回は西田有里選手の出身中学やwiki経歴、陸上での記録について調べました。

スポンサーリンク

西田有里(草津東)のwikiプロフィール

名前:西田 有里(にしだ ゆり)
生年:2005年or2006年
年齢:16or17歳(2023年1月現在)
身長:170cm
居住地:滋賀県 守山市
中学校:守山市立守山中学校(滋賀)
高 校:滋賀県立草津東高校 2年生(滋賀)

勝手な推測ですが、西田有里選手のInstagramアカウント(n_yuri0615)から、ひょっとすると6月15日生まれなのかもしれません…。

西田選手がもっとメジャーになったときに判明するかと思います^^;

西田有里(草津東)の出身中学

西田有里選手の出身中学は、守山市立守山中学校(滋賀県)

滋賀県内では陸上の強豪校として有名です。

中学校近くの守山市民運動公園周辺では、『成人式祝賀駅伝大会(現・MORIYAMA NEW YEAR駅伝大会)』が50年以上にわたって行われているほか、守山陸上教室あけとみ陸上クラブといった子ども向けの教室もあり、とても陸上が盛んな地域です。

ただ、西田有里選手が小学生時代に陸上クラブに所属したり、大会に出場していた記録は見つかりませんでした

ひょっとすると、市民運動公園で遊んでいるときにタイムも関係なく走り回って、勝手に鍛えられたのかもしれませんね(笑)

陸上を始めた時期は不明ながら、西田有里選手は中学2年のときに全国中学校陸上大会4×100mリレーの代表として出場。

チームは決勝まで進出したものの、8校中8位という結果に終わりました。

引用元:Lakestars Magazine WEB

サイズは小さいですが当時の写真が掲載されていました。

右端が西田有里選手。

中学2年生のころから背が高かったのですね。

メインは800mながら短距離競技(100mや200m)にも出場していたようです。

西田有里(草津東)が通う高校

守山中学校卒業後は県立草津東高校へ進学した西田有里選手。

県立ながら体育科がある草津東高校はかなりのスポーツ強豪校

サッカー部が一番有名でしょうか。

卒業生には、2022年オレゴン世界陸上競歩で9位(日本記録)の園田世玲奈選手(NTN所属)や2021年東京五輪競泳の金メダリスト・大橋悠依選手など世界で活躍している選手も。

ちなみに西田有里選手は高校1年時、東京五輪の県内聖火リレーランナーを務めています。

このときに『次は選手としてオリンピックに出たい(地元広報誌)』というコメントを残していることから、西田選手はすでに世界を目指しているということがわかりますね♪

西田有里(草津東)の陸上成績・記録

最後に、西田有里選手の高校入学後の記録と競技成績を紹介します。

<西田有里選手の自己ベスト> 2023年1月時点
     400m  56秒54
     800m  2分05秒93
   1500m  4分28秒35

   3000m  9分49秒50

800mでは1年時から県内敵なしなので、全国レベルの大会成績を紹介します。

2021年(高校1年)

全国U18ジュニアオリンピック陸上競技大会 女子800m 3位

滋賀県高校駅伝 2区(4.0975km) 区間賞

2022年 高校2年>

全国高校総体(インターハイ) 女子800m 2位

とちぎ国体 女子800m 優勝

西田選手が自己ベストを出した国体800mの動画です。

↓6レーン田島愛理選手と4レーン松本未空選手についてもまとめてあります↓

全国U18ジュニアオリンピック陸上競技大会 女子800m 優勝

★滋賀県高校駅伝 3区(3km)区間賞・区間新記録

駅伝の区間新記録もすごいですが、県内では1500mも別格のようです…。

最後に陸上レース以外での西田有里選手を。

レース中とは違いリラックスした表情が印象的です。

守山市スポーツ栄誉賞第1号とはすごいですね!

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

西田有里選手の高校での競技生活はまだあと1年残っています。

2022年後半の好調を維持して、どれだけ記録が伸ばせるか楽しみです!