当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

武田邦彦(参政党)は病気でも出馬?入院はYoutubeでも公表していた!

スポンサーリンク

武田邦彦さんは参政党の全国比例区第4支部長で、参院選は自身も比例代表で出馬しています。

武田邦彦さんの写真

引用元:東スポWeb

フジテレビ系列の「ホンマでっか!?TV」への出演や、ネット上でも精力的に情報発信するなど、まだまだ元気な印象がありますが、実は御年79歳

実はネットで武田邦彦さんを検索すると、「病気」「入院」「失明」などのワードがヒットします。

参政党合流⇒参議院議員立候補という流れで、さぁこれから本格的な政治活動という武田邦彦さんが、本当に病気や入院をしているのか気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

武田邦彦は病気なのか?

結論から言うと、武田邦彦さんは今現在は病気ではなさそうです

ただ、基本的に体は弱く、若いころから病気を繰り返してきたそうです。

武田邦彦さん本人が公表しているだけでも

生まれつき病弱で学校を休みがちだった

手術は5回経験

58歳で右目を失明(現在は樹脂製の義眼とのこと)

腎臓結石5回、痛風3回

といった病歴。

武田邦彦さんのお父さんは、息子が20歳まで生きられないと思っていたほどだそうです(-_-;)

本人も自分は長くないだろうと思っていたのですが、32歳のときに考え方を変えることでストレスが減り42歳のときに普通の人と同じ体になったとのこと。

このときにお酒も飲めるようになったそうです。

極端かつ過激な言動も多く、紹介できないものも多い武田邦彦さんの情報発信ですが、上のYoutube動画はなるほどと思えることをおっしゃっていました

58歳のときは全盲になるかもと言われながら手術をした結果、失明は右目『だけ』で済んだと。

考え方ひとつで、ここまでポジティブになれるのですから大したものだと思います。

ところが、武田邦彦さんはつい昨年、緊急入院していたようです。

武田邦彦さんは病気で入院していた!

夜中に知り合いの医者を伴い救急車で運ばれ、名古屋大学医学部附属病院に緊急入院

腹膜炎という診断だったものの、すぐに『腸の半分』と『肛門』を切除する手術をしなくてはならないと伝えられたとのこと。

この一報を聞いて『がんではないか』と疑う人がほとんどだったようですが、幸いにも手術は回避できたことを、後日Youtubeにて報告しています。

12/3時点で入院後1週間経過ということは、病院に担ぎ込まれたのは11/25、26あたりでしょう。

1週間食べておらず血色はよくないものの、笑顔を見せて病気のことを淡々と語っています。

また、この緊急入院からの流れについても不幸中の幸いと捉えたとのこと。

まだ先があるというのを信じて疑わないポジティブな態度には頭が下がります。

そしてそのあとすぐでした。

武田邦彦さんが入院中か退院後の療養中か不明ですが、参政党より参院選立候補が発表されたのです。

80歳を前にして政界進出を控えていることも、倒れていられない理由のひとつだったのですね。

最後に、武田邦彦さんのプロフィールです。

武田邦彦さんのプロフィール

名前武田 邦彦(たけだ くにひこ)
誕生日1943年6月3日
年齢79歳(2022年7月現在)
出身地東京都
党派参政党
役職全国比例区第4支部長
出身大学東京大学教養学部基礎科学科 卒業
肩書工学博士
環境評論家
元・中部大学総合工学研究所特任教授
当選回数0回

旭化成工業に入社後はウラン濃縮研究に取り組み、1990年日本原子力学会特賞を受賞

1993年~芝浦工業大学工学部教授、2002年~名古屋大学大学院教授、2007年~2021年3月まで中部大学の教授を務めました。

その間、フジ系列「ホンマでっか!?TV」や読売TV「たかじんのそこまで言って委員会」などメディアに多数出演し、濃いキャラと発言で存在感を発揮

ブログやYoutubeでの情報発信も積極的でした。

数々の発言や思想については、極端すぎる部分もあり賛否両論なのでここでは控えますね^^;

2020年参政党立ち上げの際、アドバイザーという形で党に参加しています。

この時点で立候補が決まっていたかはわかりませんが、次の年に中部大学教授を退任していることから、ある程度、決意は固めていたのかもしれません。

※選挙後の武田邦彦さん。ご自身は落選しましたが清々しい顔で語っています。

他のゴレンジャーについても紹介していますので、よろしければ読んでみてください(*^^*)

個性的な人ばかりですが、武田邦彦さんもこのような主要メンバーだったからこそ、年齢を超越した底力を発揮できたのかもしれませんね。

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます(^^)

病気を多く経験したことで、高齢ながらもポジティブに人生を送っている武田邦彦さん。

連日、暑いなかの演説は身に堪えるでしょうが、無理せずがんばってほしいものです。