当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

角田涼太朗の経歴|身長/年俸/彼女は?妹も将来有望なサッカー選手!

スポンサーリンク

引用元:footballista

角田涼太郎(つのだりょうたろう)選手は、2023年3月サッカー日本代表に初招集されたばかりの若手DF(ディフェンダー)

Jリーグ横浜F・マリノスでも出場機会がグッと増え、ますますの活躍が期待されています。

今回は角田涼太郎選手の

・プロフィール
・サッカー経歴
・年俸
・妹
・彼女

について調査しました。

スポンサーリンク

角田涼太朗のプロフィール

名前角田 涼太朗(つのだ りょうたろう)
誕生日1999年6月27日
年齢23歳(2023年3月現在)
出身地埼玉県与野市
(現:さいたま市中央区)
身長185cm
体重78kg
血液型A型
小学校さいたま市立与野八幡小学校
(北浦和サッカースポーツ少年団)
中学校さいたま市立与野西中学校
(浦和レッズジュニアユース)
高校前橋育英高校(群馬)
大学筑波大学 体育専門学群
ポジションDF(CB/SB)
所属チーム2020~ 横浜F・マリノス(J1)
利き足
<代表歴>
◆2017年 U-18日本代表
 カタール遠征

◆2018年 U-19日本代表
 ブラジル遠征(辞退)

◆2018年 日本高校選抜
 NEXT GENERATION MATCH vs U-18 Jリーグ選抜

◆2019年 U-20日本代表
 欧州遠征

◆2019年 ユニバーシアード日本代表
 第30回ユニバーシアード競技大会

◆2021年 U-22日本代表
 AFC U23アジアカップ予選

◆2023年 日本代表
 キリンチャレンジカップ

身長185cmのレフティ、身体能力も高く空中戦にも強い

前線へのパスの精度にも定評があります。

横浜F・マリノスではCBだけでなく左SBも務めるなど、これからの日本代表でもユーティリティな活躍が期待されています。

角田涼太朗の経歴

角田涼太朗選手の小学校時代は地元の北浦和サッカースポーツ少年団でプレーしていました。

中学で浦和レッズジュニアユースに入団するも、出場機会にも恵まれず目立った活躍ができないままユースへの昇格に失敗してサッカーの強豪・前橋育英高校へ進学。

高校では2年でレギュラーの座を掴むとその年の全国高校サッカー選手権大会準優勝、翌年3年時にはなんと優勝を果たしました。

3年時の選手権では「優秀選手」に選出されています。

トッププレーヤーの座へ駆け上がった角田選手のもとにはJリーグの2チーム(いずれもJ2)から正式オファーがありましたが、

”いますぐにプロの世界でやっていくビジョンが見えない”

”勉強して教員免許を取りたい”

という理由でオファーを断り、筑波大学体育学群への進学を決めます。

『自分を冷静に客観視してプロ入りを急がずに大学進学を選択』と聞くと、現在プレミアリーグや日本代表で活躍中の三笘薫選手を思い出しますが、その三笘選手と同じ筑波大学で2年間一緒にプレーしてかなり刺激を受けたこともインタビューで語っていました。

大学でも1年でSB、2年からはCBのレギュラーに定着。

ユニバーシアード日本代表に選ばれ、同大会で優勝も経験しました。

大学3年の夏になんとJリーグ5チーム(J1=4チーム、J2=1チーム)からの正式オファーを受け、その中から横浜F・マリノスを選択。

10月に内定と同時にマリノスの特別指定選手に認定されると、4年時(2021年)の7月に正式入団しました(筑波大学蹴球部は6月に退部)。

ちなみに卒業に必要な単位は3年生までにほぼ取得済みだったそう。

2020年と2021年は1試合ずつしか出場できませんでしたが、2022年シーズンからはリーグ戦出場18試合中12試合で先発を果たしマリノスの優勝に貢献。

2023年も5試合すべて(3/20現在)でCBフル出場を継続しています。

3月15日にキリンチャレンジカップの日本代表メンバーとしてA代表に初招集されました。

角田涼太朗の年俸

角田亮太朗選手の年俸は、

2022年     460万円
2023年   1300万円

と大幅アップしています。

途中加入の2021年はいくらもらっていたかわかりませんが、実質ルーキーだった2022年からは840万円(280%)もアップしています^^;

もちろんリーグ優勝も影響しているでしょうが、主力DFチアゴ・マルチンスが抜けた穴を埋める以上の活躍を角田選手がしたと評価されたのでは。

ただ、2023年の1300万円という金額から判断すると、昨年2022年の角田選手は、シーズン当初は『プロC契約』で途中から『プロA契約』に移行したと考えられます。

というのも、サッカー協会の規則では初めてC契約からA契約に移行した年度の年俸上限は670万円と決まっているからです。

『プロC契約』=年俸の上限は460万円
 契約人数の制限なし
 新人や入団後一定の出場時間を満たしていない3年目までの選手に適用

『プロA契約』=最低年棒は460万円で金額上限なし
 1チーム基本的に25人まで
 一定の出場時間(J1は450分)を満たしてから締結できる
 ただし、初めてC契約からA契約に移行した年度の年俸上限は670万円

角田選手の2022年トータル出場時間は1164分

早い段階で出場時間の条件は満たして契約の移行を行ったことで、今年の大幅アップが実現できたのではないでしょうか。

※シーズン途中のC契約からA契約の移行は25人枠にカウントされません

何にしても、2023年に日本代表でも出場・活躍すれば来季は更なるアップが望めますね!

角田涼太朗の妹もサッカー選手

角田涼太朗選手には5歳離れている妹・楓佳(ふうか)さんがいます。

楓佳さんも現役プロサッカー選手でポジションはMF

小学校時代は兄・涼太朗選手と同じ北浦和SSSでプレー。

その後、浦和レッズレディースJr.ユースを経て浦和レッズレディースユースでプレーし、17歳のときにWEリーグデビューを飾りました。

18歳になった2022年10月にトップチームへの昇格が発表され、2023年3月にはU-19日本女子代表のキャンプに招集されています。

また、早稲田大学人間科学部eスクール(通信教育課程)の特別選抜入試にも合格

プロサッカー選手と大学生の二足の草鞋は大変でしょうが、将来は兄・涼太朗選手とともに日本代表のスタメンに名を連ねたらアツいですね!

角田涼太朗の彼女

角田涼太郎選手について報道やSNS等調べましたが、現在彼女がいるという情報は見つかりませんでした

角田選手の大学の先輩・三笘薫選手は大学時代に交際を始めた彼女とそのまま結婚しました。

筑波大学の体育学群には他のスポーツ選手と親密になる環境もあるようなので、角田選手もひょっとするとすでにお付き合いされている方がいるかもしれません(^^♪

↓三笘薫選手の結婚相手について↓

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

角田涼太朗選手と妹・楓佳選手の今後の活躍に期待しましょう!